バーテンダーのアルバイト

バーテンダーのアルバイトの仕事内容

バーカウンターの奥でカクテルなどのお酒を作るバーテンダー。手際よくシェーカーを振る姿はとてもかっこいいですね。

お酒好きな人にも人気のアルバイトですが、バーテンダーとはバー(酒場)とテンダー(優しい人)という2つの単語が組み合わさってできた言葉でも表されるように、来店したお客様をお酒と会話で楽しませるスペシャリストなお仕事なのです。ゆえにバーテンダーには飲み物を提供するだけではなく、お客様とのコミュニケーション力や気配りも求められます。

また、バーテンダーとして実際にシェーカーを持たせてもらうまでの道のりは長いのです。最初はスタンダードなものだけで100種類以上あると言われるカクテルのレシピを覚えることから始まります。レシピどおりに作っていても味わいは少しずつ異なるので、安定させたその上で仕草や指さばきなどのパフォーマンスも訓練します。

バーテンダーとしてカウンターに立つには、勉強熱心でないと難しいですね。国際、日本それぞれのバーテンダー協会が定める資格がありますので、勉強するだけでなく思い切って資格取得に挑戦するのもいい励みになるでしょう。

バーテンダーの仕事でお酒作りと共に重要な事は、お客様とのコミュニケーションです。けして出すぎずかといって無愛想な印象を与えず、時には黙って聞き役に徹する事も必要です。お客様の職業や年代に合わせて会話が出来るように、バーテンダーは新聞やメディア情報にも敏感でなければいけません。

バーテンダーの時給相場は1000円前後で、深夜勤になると1200円位になります。お客様がなかなか帰られない場合はアルバイトでも残業になることも多いので覚悟が必要ですね。

バーテンダーのアルバイトの口コミ・体験談情報

バーテンダーのアルバイト経験者の口コミ・体験談によると「最初はお酒に触らせてももらえなかった」という声が多いですね。

洗い物を中心に、先輩バーテンダーの作ったお酒をお客様に出すことから始まって、スタンダードなものをレシピを見ながら必死に作ってゆく。そしてお酒だけでなくグラスの種類も覚えなければいけないのでかなり大変だとか。

でも、バーテンダーはカウンターに入るのでお客様との距離が近く「新しいバーテンダーなのか?がんばれよ」とお客様から励ましをもらいやすいという嬉しいこともあるそうです。少しずつ慣れてくるとそうしたお客様とバーテンダーとしての会話も楽しくなり、馴染みのお客様ができると「早く自分の作ったカクテルを飲んでもらえる様に頑張ろう」と励みになるとか。

「僕が作ったお酒で、お客様が笑顔になってくれるのがやりがい。カクテルの写真を携帯の待ち受け画面にしてくれる方もいるんですよ。それを見せてもらった時はすごく嬉しかったです」というバーテンダーの方もおられました。バーテンダーはお客様と共に感動を味わう事ができる、奥の深い仕事と言えるでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です