弁当屋のアルバイト

弁当屋のアルバイトの仕事内容

弁当屋のアルバイトの主な仕事内容は接客販売、調理補助、調理、配達の4つに分けられます。調理といってもアルバイトなので、ほかほか弁当やかまどやといったチェーン店系の場合、マニュアルに沿って炒め物や揚げ物をするくらいで、そう難しいことではありません。

調理補助も盛り付けなど簡単な作業です。接客販売はお客様の注文を聞き、それを厨房に通して出来上がったものをレジ打ち作業と共にお客様にお渡しするというものです。配達は車やバイクなどを使って指定先に配達し代金を受け取る事です。

ただ、店によってはこの役割を複数こなさなければいけなかったり、弁当屋が忙しい時間帯(お昼は11:15~13:00、夕方は18:00~20:30)は逆にひとつの仕事を延々とスピーディにやらなければならないこともあります。

弁当屋のアルバイトの平均時給は800円台だそうですが、早朝の場合は1000円より高い場合もあります。24時間営業でない弁当屋の場合は、朝の仕事内容は主に材料の仕込みになります。

弁当屋のアルバイトの体験談・大変なところは?

弁当屋のアルバイトの体験談を見てみますと、思った以上に大変で短期で辞めてゆく人も多いようです。その多くはピーク時のスピーディーな対応についていけなかったというもの。

会社から10人分の弁当を注文されたものの、時間的に間に合わずキャンセルされたとか、アルバイトに入って間もないのでレジ打ちに失敗してしまい、しかもピーク時だったので時間がかかってお客様を怒らせてしまったとか。初めて弁当屋のアルバイトを経験する場合は、昼時でも少しヒマそうなお店を選んで慣れるのもいいかもしれませんね。そして弁当の種類や中身を早く覚える事です。

また、弁当屋は飲食業なので衛生管理はかなり厳しいです。弁当屋のアルバイトに入ってまず教え込まれるのが手の洗い方だとか。洗うというよりは消毒目的なので、ものすごく手を洗いまくるそうです。それも別のものを触ったらその都度洗うとか。肌の弱い人は手荒れする可能性大です。ネイルアートなど爪を伸ばしている人も雑菌が入りやすいのでNGです。

弁当屋のアルバイトの口コミ・いいところは?

口コミによると弁当屋のアルバイトのいいところは、ピーク時以外はかなりヒマなことが多いようです。特に平日の14:00~17:00や、雨の日などはお客様が来ない日もあるとか。アルバイト仲間同士でお茶を飲みながら井戸端会議で終わる事もあるとか。

またお弁当屋さんといえば、お昼のまかないで自分の好きなお弁当を食べられるという点があります。お店の人気ランキングメニューを順に制覇した人も多いとか。そして弁当屋のオーナー次第ですが、残ったお弁当をただで持ち帰ったりさせてくれるところです。

食事は助かるし、料理の仕方も覚えられるしと「一人暮らしのアルバイトには弁当屋が一番!」とすすめる人も多いようですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です