映画館のアルバイト

映画館のアルバイトの仕事内容

映画館のアルバイトの仕事内容は、館内の清掃や窓口でチケット販売・入館の際のもぎり、館内のアナウンスやお客様の誘導、ドリンクやグッズの販売、そして映写というフィルムの編集や上映管理を行なう技術的な部署と一般事務があります。

映画館のアルバイトの時給は、それぞれの映画館や地域でも違いますが、800円台が相場のようです。映画館のアルバイトの求人情報はアルバイト情報サイトや映画館の公式HPでも募集されますが「映画館のバイトは楽」「タダで映画が見られる」というイメージが先行しているせいか、人気が高く問い合わせ対応も大変になるため、映画館の窓口に求人広告の貼り紙を出すだけ、というところも多いそうです。

確かに映画館では最低限度の福利厚生として映画鑑賞制度を設けていますが、全ての劇場が実施しているわけではありません。支配人の判断による場合も多いのです。

また映画館のアルバイトは土日祝、年末年始やお盆といった休日が忙しいので、面接の際にこうした日に休みを要求する人は採用されにくいとの事です。また映画館のアルバイトは接客業なので、お客様に不快な印象を与えるような人は採用されません。笑顔で礼儀正しいことは最低条件で、髪型やメイク、アクセサリーなどもシネコンなどでは厳しく規制があるところが多いようです。

映画館のアルバイトでいちばん難しいことが、上映スケジュールをきちんと覚えておくことです。2本立てで上映だったり、レイトショーやオールナイト、映画館によっては過去の人気作品を上映することもあるので、最新作も含めて上映スケジュールは把握して、お客様の問い合わせにお答えできるようにしておきましょう。

大都市の大きな映画館の場合は、上映初日や試写会で芸能人が来ることもあるので、間近で見ることができるかもしれませんね。

映画館のアルバイトの口コミ・体験談情報

映画館のアルバイト経験者の口コミ・体験談によりますと、映画館のアルバイトで一番大変なのが「掃除」だそうです。上映後は5分で清掃を終えなければならないので時間との戦いだとか。でもなかなか席を立とうとしないお客も多く「次回の上映が始まりますので」と促したら逆ギレでポップコーンなどを撒き散らされたりすることもあったとか。

また館内は館外で買った飲食物は持ち込み禁止ですが、隠して持ち込んで食べた後のゴミはしっかり置いていく人が多いそうです。

売店でも注文を受けてから早く出さないと上映時間に間に合わなくなるので、慣れるまでは大変だそうです。

そして一番精神力が重要と言われるのがチケット売り場だそうです。より良い席を早めに確保しなければいけないし、映画館内の幅広い知識を持ってしっかり説明しないとクレームにもなってしまうので、単にチケットを売るだけという感覚ではいけないのだとか。

映画館のアルバイトの一番オイシイところと言われる「映画無料観賞」ですが、一ヶ月の間に15日以上アルバイト勤務できるということが条件というケースもあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です