メイドカフェのアルバイト

メイドカフェのアルバイトの仕事内容

秋葉原ブームで有名になったメイドカフェですが、今は全国に店舗が出来てアルバイトの求人も増えました。ただ、メイドカフェと一言でいっても、その店の営業方針によって仕事内容は大きく異なるようです。

基本的に「メイド服」を着て「お帰りなさいませ、御主人様!」などの独特の言葉で接客案内をしますが、お客様の前にひざまずいて注文を取ったり、メイドカフェ店員とお客様がゲームで遊ぶ、メイドカフェ店員の手作りした料理や飲みものを出す、メイドカフェ店員がオムライスなどの食べ物にケチャップで絵を描く、料理に息を吹きかけて冷まして食べさせるといったことも求められる場合があります。

また、メイドカフェリピーター特典としてのサービス内容も様々にあります。たとえばお客様と2ショット撮影に応じたり、手書きのメッセージカードをプレゼントしたり。メイドカフェにおけるこうしたサービスを誤解して、個人的好意と思いこむお客様もなかにはいますが、そうした場合には店長などが対応してくれるので、あくまでも店内だけの仕事と割り切れば問題ありません。

メイドカフェの時給相場は1000円前後で、中には1200円以上という店もあるようです。容姿に関しては「そのメイドカフェの制服が似合うかどうか」が基準で、美人かどうかはあまり問われないようですが、ただ年齢だけは20歳前後と限定されている事が多いです。

メイドカフェのアルバイトの口コミ・体験談情報

メイドカフェのアルバイトを経験した人の体験談によると、典型的なオタクのお客様は半分くらいで、一見普通のサラリーマンといったスーツ姿の人も多く、女性同士のお客様も結構来るようです(女性のお客様は『お嬢様』と呼ぶそうです)。

そしてお客様との会話も、話すというよりはお客様のお話をうまく引き出し、聞いてあげるというコミュニケーション能力が必要です。

そしてメイドカフェには確かにサービスを妄想的に誤解して、目当ての女の子をバイト帰りに待ち伏せするような男性客もいるそうです。2ショットの写真をブログに掲載したり、掲示板でネタにされることもあるとか。

単に「メイドカフェの制服が着たいから」という志望動機で務まるようなアルバイトではないですね。

そしてメイドカフェのアルバイトでやたらに時給が高い求人がありますが、これはサービス内容もかなりのものです。たとえば時給3千円の場合は「彼氏にしてあげるように」耳掃除をしたり、お客様の腕や肩を優しくマッサージをしてあげることも。さらに時給が5千円以上になると、ほとんど風俗営業まがいのことを要求される場合もあるとか。

メイドカフェの求人募集広告を見るだけでなく、実際にその店にお客様として友人同士ででも入ってみてから、面接に行ったほうがいいでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です