ネットカフェのアルバイト

ネットカフェのアルバイトの仕事内容

ネットカフェのアルバイト内容はレジでの受付と料金の清算、電話対応、店内(トイレなども含む)の清掃、本棚の整理と店内調理の飲食物(多くはレトルトや冷凍食品をレンジで加熱)を届ける事、などです。ドリンクバーを備えているネットカフェは比較的楽なようですね。

ブース席(パーテーションで分けられた個室タイプの席)が多いネットカフェでは、お客様が出るたびに頻繁に清掃作業が必要になりますが、作業内容は簡単なので初心者でも数分で出来るそうです。

小規模のネットカフェや、元漫画喫茶だった所を改造してネットカフェにした店では個室ブースがないことが多いので、仕事的に楽だそうです。

チェーン展開しているネットカフェの場合は店内作業のほかに宣伝のためのティッシュ配りもよくあるそうなので、けして空いた時間は漫画を読んで楽が出来るというわけではないようです。またパソコンに関する知識もあれば便利ですが、なくてもマニュアル指導してもらえるので問題はないようです。

ネットカフェのアルバイト時給の平均は昼間で800円~900円です。22時以降の深夜勤務は25%割増となりますが、夜勤では酔ったお客様の対応など、トラブルが圧倒的に増えますので精神的にキツイようです。単に「時給が高いから」と言った理由だけで、ネットカフェの夜勤を選ぶのはおすすめできません。

ネットカフェのアルバイトの口コミ・体験談情報

ネットカフェのアルバイトを経験した人の体験談を見てみると、一番多いトラブルが「会員登録時の身分証明」だそうです。身分証明書を出したがらない人が多く「免許証忘れてきた」とか「会社の住所で」などと言いはるそうです。「規則なので会員登録できません」とお断りすると逆ギレする人がよくあるそうです。

また専業主婦で免許を持っていない場合などは「健康保険証は医者に行く時しか持参しないから、出せと言われても困る」とごねられるそうです。夫婦連れできた場合、ご主人が「俺の嫁さんで俺が認めてるんだから」と怒ることもあるとか。

最近のネットカフェには個室ブースの他にカップルブースやファミリーブースがよくありますが、スペースが広くなるほど散らかしたり汚したりする度合いが高くなるようです。しゃべったりする声が大きく、隣のブースから苦情が来るのでそれを注意に行くのも大変だそうです。

もとあった場所に漫画本をきちんと戻さないお客様が多いので、本の整理整頓も結構手間がかかって疲れるそうです。

ネットカフェのアルバイトは男性が7割、女性が3割なのですが、女性を差別して採用しないというわけではなく、ネットカフェには女性店員が困惑するようなお客様が多いというのがその理由だそうです。

個室ブースではアダルトサイトを見ながら自慰行為をしている男性客がかなり多く、気配が察しられたり声などで隣から苦情がきた場合は店員が注意しなければならないのですが、なかには女性店員に注意されたいがためにネットカフェであえて行為をしている男性客もいるとか。これは女性店員は嫌がりますよね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です