住み込みのアルバイト

住み込みのアルバイトの仕事内容

住み込みのアルバイトといえば、若い人にはリゾートバイトの人気が高いですね。夏は沖縄のホテルやペンション、冬は北海道などスキー場も住み込みのアルバイトを多く募集しています。特に冬の場合はスキーのルフト代がタダになったり、温泉にも入り放題というメリットがついていることが多く、人気が高いですね。

その他住み込みのアルバイトで求人が多いのは新聞配達です。朝刊を配達するには朝というより夜中に起きて、チラシを挟んだりといった準備をするので、通いで遅刻されると困るからという事情もあるみたいですね。また家政婦の住み込みアルバイトも昔に比べたら少ないものの、需要はあります。炊事や掃除というよりも最近は、介護ヘルパーの要素を含めた住み込み家政婦を求めているようですね。

パチンコ店や旅館なども住み込みの求人募集がありますが、これらは夫婦や母子家庭の人の希望者が多いようで、短期のアルバイトはあまりないようですね。アパートやマンションの管理人も住み込みがありますが、こちらは高齢者がメインのようです。住民のクレーム解決も仕事になるので、短期のアルバイトや若い人には不向きなのでしょう。

住み込みのアルバイトの場合、時給は非常にバラツキがあるようです。現地で直接採用されるよりは、東京などの派遣会社に登録して、指定勤務先に行くほうが待遇が良いという話もあります。

住み込みのアルバイトの口コミ・体験談情報

住み込みのアルバイト経験者の口コミや体験談情報によりますと、一番のメリットは「生活するのにお金がかからない」ということですね。住み込みの場合はまず家賃が要りません。寮に入ったり指定の1ルームマンションなどに入ることもありますが、負担は非常に軽くて済みます。光熱費も無料のところが多いとか。

ホテルや旅館の場合は食事もついていることが多いので、自分でお金を使うことが全然ない場合も。ただし僻地の住み込みの場合、休みの日にどこか近くへ遊びに行こうと思っても、お店すらない場合もありますが。

またスキー場の住み込みアルバイトの多くは滑り放題だとか。レジャー施設の住み込みはそういった面の特典が多いようですね。

また、求人の多い住み込みの新聞配達アルバイトですが、ほとんど昼夜逆転の生活になることと、完全に休みを取るというのが難しいようです。学生時代に住み込みでアルバイトをしていた人の体験談では「よほど強い意志がないと無理」、さらに「卒業後は新聞配達の社員になるようかなり勧誘された」そうです。

そして山間の温泉旅館や、過疎地の農家などに住み込みのアルバイトをした場合、地元の人たちが受け入れてくれないということも稀にあるそうで、住み込みの場合は人間関係の関わりも深い分難しいということがあるようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です